すでに時代は「5Gでどう変わる」ではなく「6G」に向かっている

column

2020年に「5G」が登場し、2021年以降では本格的に5Gの影響が全国に広がっていくことでしょう。

しかし、5Gがとても「凄い」ということは何となく知ってはいるけど、何が凄いのかまでは細かく知らないという人は意外と多いのではないでしょうか?

更に、5Gが登場して間もないというのに、最近ではすでに「6G」の話まで出てきていたりします。

この記事では、そんな「5Gと6Gで可能になること」について解説していきたいと思います。

5Gで可能になること

5Gは、第5世代移動通信システムの事で、先代の4Gと比べて様々な点が進化しているのです。

例えば、

・多数の危機に「同時に」接続が可能になる

・高速かつ大容量の通信が可能になる

というようなことが挙げられます。

今までの常識であれば、何かのファイルをダウンロードした時にある一定時間待たなければならなかったと思いますが、5Gであれば一瞬でダウンロードが完了してしまうのです。

複数のブラウザを起動したままでも重たくなりにくく、どんな時でも非常に快適にネットを利用することができるのです。

また、5Gの登場により、IOT(Internet of Things)が急速に進んでいくとも言われています。

IOTは、あらゆる端末にインターネットが繋がるということです。

テレビはもちろん、冷蔵庫やエアコン、掃除機といった多くの家電がインターネットと繋がる時代になっていくのです。

更に、5Gは医療や小売業、製造業などあらゆる分野で活用されていくことが予想されています。

ただし、2021年現在では、まだまだ通信エリアが非常に狭くなっており、現実的に使用できるレベルではないと言えます。

おそらくエリアの拡大は、2022年でも都市部が中心となり人口の少ない地域では使用することはできないでしょう。

本格的に5Gが日本全国で使えるようになるのは、2023年以降と言えるでしょう。

6Gで可能になること

前記した5Gが全世界で使えるようになれば、現在よりも圧倒的に便利な世の中になっているはずですが、世界のトップ企業はすでにその先を見据えて動き出しています。

それが「6G」です。

6Gは、5Gよりも通信速度が10倍になるというから驚きです。

予想では、2030年こ頃に6Gが登場してくるのではないかと言われており、本格的に人々が利用できるようになるのは2035年ころではないかと予想されています。

6Gが実現すると、更にインターネットへの依存度が加速していきます。

6Gが実現すれば、もはや水や電気と並ぶ(もしかしたらそれ以上)人間にとってのライフラインになるはずです。

あるとあらゆる物とインターネットが繋がり、どれだけ大きな容量もカバーでき、圧倒的なスピードで情報を伝達していきます。

この6Gの恩恵を受け、高層ビルなどはもちろん、海の中や空、宇宙にまで通信環境は広がっていくのです。

更に、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(副業現実)も一気に進んでいきます。

このころには間違いなく「スマホ」が過去の産物となっており、スマートグラスなどで空間に手をかざしながらあらゆる情報を簡単に入手することができるようになるでしょう。

まるで目の前で好きなアーティストのライブを観ているかのような景色や、恋人と遠距離恋愛をしていてもすぐ隣にいるような感覚を味わうことができるはずです。

6Gの登場からまもなく、すべての工場や店舗が無人化になることでしょう。

まとめ

今回は、5Gと6Gで可能になることについて解説してきました。

2021年現在では、まだ5Gが登場したというだけで、その使用できる通信エリアはかなり狭い状況です。

しかし、2年後、3年後になれば、確実に私たちの生活をより便利にしてくれるはずです。

2030年ころには6Gも登場するかもしれません。

どんな未来になるのかを、楽しみにしながら待ちましょう。

\シェアしてくれると嬉しいです/